2016年 12月 28日

ある【3人のおじさん】への秀逸なツッコミが笑えた朝。


爆速で成長中、息子氏。



ここ最近、超絶エンドレスリピートで見ているMVがあるんですが。


これ。

ケツメイシ / 友よ


皆さんこの歌を知っているでしょうか?


正直僕は知らなかったのですが、なぜだか息子氏がどハマりしています。


まあ簡単に歌の説明をすると、友達へ向けた内容の歌詞で、それはそれはとってもいい歌詞でして。


「何十年先もずっと友達だぜ」みたいな内容を、あのケツメイシ特有の優しいメロディラインでしっとりと歌いあげており、あ〜友達っていいな〜と感じる事請け合いのヒットソングのようです。


そこで歌詞の背景に抜擢されたのがそう。

ダチョウ俱楽部。


やー。


このダチョウ俱楽部のMV中の一連のやりとりが歌詞にピッタリとハマっていて。


涙誘うめちゃいい仕上がりとなっております。

3歳の息子氏はそんなダチョウ俱楽部を「おじさん」と呼び、ここのところ毎朝起きて早々に

おじさん観る


と、ユーチューブでこの歌を聴きながらモーニングヤクルトという毎日を送っているのです。


そしてMV中にはそんな仲良しおじさん達の、もはや【神芸】とも言える数々の鉄板ネタも歌詞にあった演出で盛り込まれているのですが。


なにやら息子氏がなんとも素直で的確なツッコミをいちいち入れている事に気づいてしまいました。


3歳児の感性に驚かされたので、ここでいくつか息子氏の初めてのツッコミを紹介していきたいと思います。

【冒頭】上島竜兵おでんを食べるシーンより。

熱々のおでんを前に「誰が食べるか」の討論。


寺門ジモンと肥後克広が俺が食べるからの。

どうぞどうぞ。


羽交い締めにされ、無理やり白滝を食べる上島竜兵。


そこで息子氏が一言。

フーフーしないとダメ


そ、そうだね。


フーフーしないと熱いからね。


ピクリとも笑わず、的確なツッコミを入れていました。


更に卵を吐き出す上島竜兵。顔面にヒットし熱がる肥後克広をみて。


汚いね〜


そう・・・だね。汚いね。


真似しちゃダメだね。

【中盤】洗濯バサミを引っ張られ痛がる肥後のシーンより


これももはや鉄板。


無数の洗濯バサミを引っ張られ悶絶する肥後。


ゴムぱっちんで顔を歪める上島竜兵。


そんな2人をみて一言。

かわいそう


ぼくはハッとしました。

そうですよね。かわいそうですよね。


今まで笑っていた自分が恥ずかしいです。

人が痛がっているんですから。かわいそうです。

【終盤】ダチョウ俱楽部の代名詞とも言えるアレのシーンより。


ダチョウ俱楽部といえばもう神芸とも言えるこれですね。

「押すなよ!」叫ぶ上島竜兵。


MVなので当然上島の声は入っていませんが、もうこのシルエットを見ただけであの叫び声が脳内再生されるほどの強烈なインパクト。


押すなよという上島竜兵の叫びも虚しく、押してしまう肥後と寺門ジモン。



勢いよく飛び散る水しぶき。





熱がる上島竜兵をみて一言。

あぶないね〜


そうです。あぶないんです。


普段、妹を押して「あぶない!」と怒られる息子氏。


それのせいかはわかりませんが、押したらあぶないという僕の教えは確かに根付いていたようです。


そして熱湯からすぐに出ようとする上島竜兵をみてもう一言。

10数えないとダメ


なんと。


お風呂から出る前には必ず10数えて出ることを日課としている藤田家。


入って速攻出る上島竜兵をみて10数えないとダメだと。


これがルーティンというやつがもたらす習慣なのか。

子供の感性恐るべし。


まあなんにせよ何か感じるものがあり、この歌を気に入っている模様。


最後は一緒に「ヤー」


↑一応やってる。


でもほんとこのMVいいですよ(笑)


ダチョウが好きになるMV。



数々の伝説を残し続けるダチョウ俱楽部。


僕はこれからも息子共々応援します。


ぜひ一度フルで観てみて下さい。


とても良い歌です。



また明日もこの歌から藤田家の朝は始まります。


それではさようなら。ヤー。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ