2016年 12月 23日

ゴールがスタートになる日。


本日、厳しいカリキュラムを全て【合格】したアシスタント。

中島です。


本当におめでとう。


これで正式にデビュー。


一般の方には未だに知られてなかったりするのですが、美容師は【学校をでても髪を切れない】といった不思議な文化があります。


まあ正確に言えば【切れるけど切らせない】といった方がいいでしょうか。


一応学校でカットの勉強はするのですが、ベーシック中のベーシックしかやらないので、現代の多種多様なお客様のニーズにお応えできるスキルは学校卒業時には残念ながら持ち合わせていないのです。


サロンに就職して、一から技術を学び、お客様の髪を切れるようになるまでに約3〜5年の歳月を費やします。


とにかく最初の目標は【デビュー】。


お客様に入客するスキルを身につける為に、日々練習といった美容師の毎日が始まるわけです。

いや〜、よく頑張った。


1つ、中島の凄い所を挙げさせてもらうと。


必ず最初にお店に来る。という事。


中島の家からお店まで、1時間近くもかかるのにですよ?凄くないですか?朝7時に家をでるんですよ?


朝早く来て練習をしてるんですよ。毎日ですよ?


僕は朝練とかほとんどしなかったですから。夜派でしたので。


そんな中島を入社してからずっと見てきましたので。


泣いた時もあったし、死ぬほど落ち込んでた時もありました。


けど、持ち前の負けん気でとうとうここまできた。

やったな。おめでとう。


しかし、美容師としてはここからが【スタート】。


デビューをゴールと勘違いすると必ず潰れます。


そんな人を何人も見てきました。


これからはシビアに数字と向き合う機会が増えるでしょうから。


多分アシスタント時代以上に凹む事もあるかと。

でもこれだけは言える。

楽しいのもまたここから。

「美容師になって良かった」って心から思えるように。


スタイリスト中島。今後の活躍にどうぞご期待下さい。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ