2016年 4月 30日

赤味はこう消す!外国人風カラーをブリーチなしで作る為のちょっとした裏技 @つくば美容室ジールサロン

インスタみて頂いて初来店。
ありがとうございます!


暗めのアッシュがご希望でした。


早速“俺のアッシュ“を注入していきましょう。

染める前はこんな感じ。



毛先が特に退色していました。


だいたいこういったケースは【アイロン・コテ】を使う方によく見られる現象です。


対処法としては、流さないトリートメントをつけた後に【サクッと巻く】のがポイントです。


長時間挟んだりするとダメージ、退色につながるので、同じ所を何回も挟むようなことはしないほうがいいですね。


髪質的に根元が明るくなりやすい感じでしたので、7レベル狙いですが、6レベルを塗布。


毛先は赤味がそこそこでていたので、少し裏技を使います。

高明度×低明度mix


これは僕がよくやるテクニックなのですが、1トーンくらいのトーンダウンのが場合、普通に染めるとあまりアッシュがでないんですよね。


そこで少しパワーのある高明度の薬と、色味の濃い低明度の薬をmixするという裏技です。


ちなみに今回は8レベルと5レベルを1:1でmix。


10分程おいて出来上がりです。

仕上がりはこちら。



おお、まさに外国人風の仕上がり。


光に当たるとこんな感じ。




いや〜、グッジョブ!


こんな感じもよかったらご参考下さい。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ