2016年 12月 5日

【輸入技術】こそ美容師成長の鍵⁉︎頭でっかちだったかつての自分にサヨナラ。

本日定休日。


年末のDMを印刷すべく、お店に来た訳なのですが。

お勉強をする女子達。



ぎゃー!


なんという意識の高さ。


休日返上でカットの練習とは・・・



講師は瀬戸さん。


妖精と中島が生徒のようです。


なんかみてて思ったのですが。

頭でっかちだったかつての自分。


実は瀬戸さんと水の妖精は他店から入社した中途のスタイリスト。


今だから言えるけど、正直最初“戸惑った“のを覚えています。

輸入技術は悪⁉︎




と、いうのも僕はずっと同じ店で、伝統とも言える技術を学び、それが正義。


自分が見習いより学んできた技術こそが正義と疑わなかった。


そして、瀬戸さん、水の妖精より持ち込まれた新しい技術を目の当たりにする。


いわば外からやってきた【輸入技術】とでもいいましょうか。


カットをみれば「いやいやその引き出し方は違うでしょ」


カラーをみれば「その配合やばくね?」


と、もうね。ひねくれじじいですよ。


やることなすこと全否定(あ、言わなかったですけどね)


自分こそが正義。伝統こそ正義。

完全な頭でっかちの堅物でした。

井の中の蛙。


と、ちょうどその頃だったか。


社長に連れられ、とにかく外の世界をみせてもらった。


狭い世界でいきがっていた僕の伸びた鼻を見事にへし折られる。


その後、沢山の売れてる美容師さんと出会い、自分のやってきたことの引き出しの狭さに驚愕した。


「ダサい。ダサすぎるよ自分。」

スポンジと化した自分。


それからというもの。


かつて毛嫌いしていた【輸入技術】はむしろ大好物となり、


「なんすかそれ⁉︎教えてください!」
「へっ⁉︎なんでそれ混ぜんすか?」
「ちょwうますぎマジリスペクト!」


と、もう完全にスポンジのごとく輸入技術を吸い込みまくった。


とにかく【聞く姿勢】で【謙虚に学ぶ】。


そして噛み砕いて自分に取り入れる。


中途のお二人の技術もとても新鮮で目新しく見える。


バリヤーを外すとこんなにも心が楽なのかと心底思った。



そんな事を思い出させてくれた今朝の出来事。


とにかく美容師は狭い世界で生きていて【技術があるからこその技術貧乏】に陥りがちだとうちの社長には何度も教えられた。


成長の鍵は【外の世界】に落ちているのかもしれない。


僕は今後もこの【輸入技術】をたくさん取り入れ、圧倒的成長に繋げていこうかと策略しております。


そんな事に気付かされたお二人にはとても感謝している。

ささ、印刷の続きを。


ビバホリデー。満喫したいと思います。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ