2016年 8月 11日

眠れないミッドナイト

午前3時。起きてます。


というか、一回寝て起きた様です。


幹部会議を終え、帰宅したのが10時半くらいで、ご飯食べながらオリンピック観てて(水谷頑張った!!)少し横になったら完全にそこから記憶がなく・・・


起きたら3時。全く寝られないという。
深夜ハイ状態に。


あまりこういった経験はなく、先ほど風呂に入り、考え事をしながら今携帯をいじっている僕です。


聞こえる3つの寝息と扇風機の音。横に寝ている家族達をぼぉーっと見ながら、会社やスタッフ、そして僕の未来なんかを想像してみたりする。


先日、国内最大手のコンサル会社【船井総研】で学んできたのは実は【求人】に関する内容でした。

東京上陸。


業界の話を少しすると、今新卒採用が極めて困難な状況に。


少子化により新卒世代の若者の絶対数が減った上に、反比例して増え続ける美容室。


今現在1人の新卒に50〜100社の求人がかかる計算となり、業界始まって以来の【求人氷河期】を身を以て感じています。


実は来月から新しい仲間が1人増える我が社ですが、大変大きな【責任】を感じています。

美容師で【飯を食う】という事。


思い返せば14年前。高卒で就職した18歳の僕。


毎日遅くまで練習の日々。髪が切れるようになるまでに3年を要した。


そこからお客様がつくまでには更なる時間を費やした。


今やっと家族を養い【美容師で飯を食う】ところまで本当の意味でたどり着いたように思う。


本当に【やっと】だと思う。


ここで1つ思うのは「今の子にできるかな」という事。


これは別に上から言ってるつもりなど毛頭なく、「お前がいうな!」と罵倒してもらっても構わない。


【今の子】と括るのも大変失礼な話なのは重々承知の上で思うのです「大丈夫かな・・・」と。

どの業種でも同じだが、仕事なので怒られる事もあるだろう。


僕も【辞めたい】と思った事は何度もある。


でも辞めなかった。そういう選択肢はなかった。そういう時代だったから。

時代は変わる

時代は確かに変わったのかもしれないが、時代ってそもそも【変わるもの】なのかもしれない。


カットの技法も時代に合わせて変わってきた。


ネット集客など昔はありえなかった。


フリーランスなんて選択肢ができた。


そう。時代はいつだって変わってる。


であれば【思考】も変えていかなくては。



【給料】【休み】などといった今まで【タブー】とされていたパンドラの箱を開け、新時代へと突入。


「もっと休みたい。早く帰りたい」などといった言葉は、今はネガティヴワードなんかではないのだ。


むしろポジティブにとらえたら、うちの会社でもいい方向へと向かう奇跡に直面したりしている。

時短営業がもたらす数々の恩恵。

縁あって共に働くからには、それはもう親心にも似た【責任感】を持って接してかないと。


せっかく【美容師】という仕事を選んだ若者に、本気で【幸せになって欲しい】と願ってます。


だってすごくいい仕事だと思うし、やりがいのある仕事だから。


「美容師大変だよ」なんて言われてもなお「やる」と決め、入社してくる新卒の方達。


やっぱり美容が好きで戻ってきた中途の方達。


【美容師やってよかった】と思ってもらえるような環境を作るのは、いわゆる上の人である僕の仕事なのです。


【意識改革】こそ【組織改革】への近道と信じて。


そんな新時代の幕開け。
開き直って楽しんでいこうではありませんか。


なんだかまとまりませんが、3時に起きて気づけば5時に(笑)


うっすら外も明るくなって参りました。


ちょっと寝てまた本日も頑張っていこうと思います。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ