2016年 8月 7日

【奢る】なんて大それたもんじゃない。ただの【お礼】だよ。

今週も一週間お疲れ様でした。


たまたまみんなの帰りが一緒になったので、鉄板ルートでラーメンを食いに。


飯村製作所。



最近つくばで評判のいいラーメン屋。


店内に製麺所を併設しており、自家製麺がウリだけあって、とにかく麺が美味い。



着席して間もなく携帯をいじりだす現代人達。


さすがゆとり世代。ま、僕もだけど(笑)




基本、後輩達と飯にいけば当然の如く【奢る】訳なのですが。


奢るというとなんともしてやってる感満載ですが、本気で【お礼】としか思っていません。

売り上げはアシスタントありき。


ま、長い事やってるのもあるし、ぶっちゃけ後輩の子達よりかは断然稼いでます。


美容業界は売り上げが多いとお給料にもそれが反映されるという歩合システム。


ただ、僕が稼げているのもそもそも【この人達のおかげ】に他ならない。


仮に僕1人で何もかも全てをこなそうと思ったら間違いなく100万の売り上げすら立たないだろう。


その他にも洗い物は?洗濯は?電話対応は?

先日も書きましたが、【人】がいない事には今の自分は成り立たない。


僕だけではなく、スタッフ全員で作り上げてこその【組織】なのだ。

残すべきものは 【金】より【人】


ましてや小野やボーイ(矢崎)はスタイリストでありながらとヘルプにも回るという、1番労力のいる立場にいる(ほんと感謝してるよ)


できるだけ僕も時間を作りヘルプに回れるように努める。


簡単な言葉でまとめると【助け合い】という事だろう。

たまに飯を奢る事などほんのお礼なのだ。

別にどやるつもりなど毛頭ない。


ただただ感謝してるだけ。


そして、こうして使った生きたお金は何倍にもなって帰ってくる。不思議なもんだ。

都市伝説⁉︎お金は使わないと入ってこないという不思議な話。


またみんなで行きましょう。
次は寿司でも。わっはっは。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ