2016年 7月 31日

給料を上げたいなら“とりあえず1年“がんばってみたらいい。

7月。ある壁をまた1つクリアしました。


“売上の壁“なのですが、僕の中では「やっと」というのが正直な心境。


そして、うちの店ではまだ誰も達成していなかった前人未到の壁であり、今年中・・・それも【8月までに達成する】という目標のもとスタートした今年度。


宣言通りまずは1つクリア。

感じる変化。


たくさんの変化を感じているここ最近。


それは自分自身の事であったり、周りの環境の変化であったり。


「今思い返せば」になってしまうけど、きっかけは間違えなく「やろう」と腹くくった瞬間からだったと思う。


まずアクションを起こしたのはこのブログ。


始めたのはキリよく2015年の1月1日。


ブログ書いてるとわかるんだけど、最初はあまりのPVのなさに本気で「え?これ書く意味あんの?」とクッソ凹む日々。


100PVを超えないアナリティクスを見て連日「ははは。やめようかな」と落ち込む毎日。


当然【集客】も目的としていたが、お客様も来ない。売上も平行線。


割とお金をかけて構築したブログだった為「すぐにペイしたるわ!」
と意気込んでいたものの、家族がいるが故通帳とにらめっこしては青ざめておりました。

けど続けた。とりあえず続けた。

結果が出だした今年2016年。


そう、悪戦苦闘しながらも書き続けて1年が経過していた。


PVが伸び、売上も気づけば上がっていた。


まさに“気づけば“という言葉がしっくりくるのだが、本当に無我夢中の時はそんなもんなんだと思う。

美容師給与問題。

そしてあえて書きますが【お給料】も当然ながら気づけば上がっていた。


基本歩合制の美容業界。


【売上が上がる=給与が上がる】となる訳ですが。


近年【付き合ってはいけない職業3B】という不名誉な称号を得た美容師。


恐らく付き合ってはいけない理由の1つには【年収】というシビアな問題も絡んでいるかと。


お給料が欲しいなら売上を上げなくてはいけないのはサービス業の鉄則。

あえて書きますが、僕は今回その壁を越えたことで歩合率が跳ね上がり、自分の中で「毎月こんくらいもらえたいいな〜」という額にとうとう達する予定です。


地方美容師としては十分な額です。


でもですよ?


1年。たった1年【本気】で頑張ればいいんですよ。


ブログだけではありませんが、去年1年間をがんばったら気づけばこうなっていたんですから。


これがもしまた来年再来年と積み重なったらなんて考えたらワクワクがとまりませんよ。


年収は上げるも下げるも結局は【自分次第】。


もしお給料が原因で【美容師を辞める】人がいるならこう言いたい。


「とりあえず1年。マジで頑張ってみようよ」

実体験なので、保証します。


努力は必ず報われるはずです。


新規顧客がわんさか来る時代は終わりました。


簡単な方程式ですが、売上はお客様が増えない事には上がりません。


であれば、視野を少し広げればわかるはずです。


まずは自己ブランディング。そして発信。

僕なりの【成功論】が今回の目標達成によりまた少し【自信】となった瞬間でした。

3Bなんて言われるの悔しいですもん(笑)
また付き合いたい職業に返り咲きましょう。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ