2015年 2月 6日

美容室から始まるエコを考える

エコエコとささやかれる現代。

もうお馴染みとなったエコという言葉。

ジールサロンでも、もう何年も前から取り組んでいます!

(null)
じゃん!

これです!

その名もエコdeポン。
うちではエコポンと呼んでいますが。

簡単にいうとカラー剤を骨の髄まで出し切る器具です。

(null)
こちらは丸々太った新品のカラー剤です。

これがなんと〜。

(null)
どうですか。

(null)

このチューブの先端が今まで絞り出せなかったんですよ。

(null)
こちらに穴を開けて出します。
わかりますかね?

歯磨き粉とかでませんよね。先っちょ。
あれが出せる器具です。

(null)
ざっとゴミ箱からかき集めてこの数です。
1回に出せる量は約2gなので、忙しい土日で計算したら根元染めるくらいの量にはなりますね。美容師さんならわかりますよね!

(null)
たかが2g、されど2g!
チリも積もれば山となります。

美容室でいうエコは、安いシャンプー、安い薬剤を使うことではありません!
それただのケチじゃないですか!

社長の意向で、うちではプレシャンから全力でいいシャンプーを使ってます!

お客様には見えない所で、地味に僕らは2gのエコに取り組んでいます。

全国の美容室約24万件が一斉にエコポンをしたら、48万gのカラー剤(8000本)が作れることになりますからね。こんなにエコな事ないです!

それぞれの分野(職種)でできる「エコ」に業界全体で取り組めたら最高だと思っております。

エコポンはお取引先のディーラーさんで購入できると思います!

共感してもらえる美容師さんにぜひ使って頂きたいと思います。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ