2015年 6月 2日

すき家でなぜか恥ずかしい思いをした夜

この間の撮影帰り。

  
【初めてモデル経験者と撮影した話】
http://kazuhiko-fujita.com/2015/06/02/初めてモデル経験者と撮影した話/

 

帰りが遅くなりまして、帰り道で唯一開いてた【すき家】にいったんですよ。

 

そしたら座って先ず目についたのがこれ。

  
 

いやいやいや〜!

  

すき家でビビンバはないでしょう〜!
 

いやね、焼肉屋ならわかりますよ。焼肉屋ならね。

  

すき家ですよ!

 

かんっぜんに車の中でもあのチーズがのってる牛丼モードですから。

 

いやすき家さん、ちょっとトリッキーすぎますわ〜。ビビンバはトリッキーですわー。

ハハハ〜!!

 

店員さん『ご注文お決まりですか?』
 
僕『ビビンバで。(即答)』

 

頼んじゃいました。

 

即答で。

 

なんかお腹すげえ減ってたし、ガツンとしたやつ食べたかったんですよね〜。

 

うまそう。

  

 

なんか下に燃えるやつもあってイイ感じです。

 

写メールなんてとりながら食べてたんですが、お店に入った時は僕しかいなかったすき家に、【続々とお客さんが入ってきました】

 

  

 

そして、だんだんとでかくなってきたんですよ。

 

音が。

ジュージュージュージューうるさいんですよ!!!音がぁーーーーー!!!!!!

  

 

みんな黙々と静かに食べてるのに。

 

僕んとこだけめっちゃジュージューいってるんですよ。

 

ここ何年間で【一番恥ずかしかったんですよ】

 

あーーー!!!!!!

はずかしぃぃーー!!!!!!

  

 

早く食べたいけど、

【めっちゃアツイ!!!!!!】

 

熱いしジュージューいってるし恥ずかしいし。

 

なんかチラチラ見られてるし。

 

もうなんか吹っ切れて写メール撮りましたよ。

   
  

  

 

完食です。

 

あの、美味しいんですけど、一人で食べるのはなんかはずかしいです。
セットも大掛かりなんで。

 

次は普通のを食べます。

 

夜遅くなると思考が少しおかしくなりますね。

 

肝に銘じておきます。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ