2015年 4月 22日

限られた時間の中で、最高のパフォーマンスしていきたい

美容師は常にタイムとの戦いです。
例えば現在シャンプーの練習中のルーキー達。

ジールサロンでのシャンプーテストタイムは10分。

  
始めた頃は一回のシャンプーに一時間近くかかっていましたが、だいたい今は12分〜13分くらいまで縮まってきました。
シャンプーに限らず、すべてのカリキュラムに【制限時間】が存在しており、常にタイムとの戦いです。
早ければいいって訳ではないのですが、カリキュラムで設定してあるタイムはけっこうギリギリのタイムです。
最初の一回目の練習をする時に必ず思うことがあります。

こんなんこのタイムでできる訳ねぇーー!!

そうなんです。

できる訳ないんです。
【一回目】ですからね。


最初は果てしなく思えたタイムも何十回、何百回と繰り返すことでできるようになるんですよね。

あれ⁉︎今俺できちゃったけど⁉︎

みたいな日が必ずくるんです。

むしろタイム余ったりしますからね。
今になると思いますが、このタイムって別に歴代の先輩達が意地悪で決めた訳ではないんですよね。
多分伝えたかったのは【やればできる】って事だったのではないでしょうか。
余裕あるタイムで完璧に仕上げるというのもいいかもしれませんが、時間をかけてもいいなら誰だってできる。
僕らはやっぱりプロなんで、ありえないタイムの中で、ありえない結果を出してこそプロなんだと思います。
新卒の子達もこれから必ず【思うようにカリキュラムが進まない】なんて時がくると思います。

(ちなみに僕はマニキュアのテスト合格までにに3ヶ月かかり嫌になりました)

でも大丈夫。

やればできるから!

限られた時間の中で最高のパフォーマンスをするというのは、対お客様にも通じることですので、意識していきたいと思います。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ