2015年 4月 18日

あとは重箱の隅をつつくだけ

入社1ヶ月のルーキー達。

連日シャンプーの練習をしているので、そろそろ人並みにできるようになってきました。

   

   

そろそろ重箱の隅をつつく段階に。

些細な所に気をつけるという事です。

僕たち美容師の接客業は、お客様に直接触れる事になる数少ない接客業です。

ましてや女性客の多い美容室においては、僕たち男性はそれはもう細心の注意を払わなくてはいけません。

沢山の技術がある中で、例えば【シャンプー】における【重箱の隅をつつく注意事項】をあげてみます。

僕が気をつけている事を例にとるならば、

【シャワーヘッドを置く際に音を立てない】

流したりない所ないですか〜?

ときいたあとに、

「カコンっっっ!!!!」

  

オーーマイガーーーー!!!

せっかく気持ちいいシャンプーだったのに台無し!!!

せっかくうとうとしてたのにうっせーーよ!!!

シャワーヘッドは静かにおきましょう。

【シャンプーしてる人の吐息がかかる】

えりあしを流す時って一番お客様と僕らの顔が近づくんですよね。

そん時なんだかふわ〜っとお客様に僕らの吐息がかかってしまう。

  

オーーマイガーーーー!!!!!

なんか気持ち悪!!

僕はえりあしを流す時やとにかくお客様に接近する時(前髪切る時とかも)は息止めてます。


2分40秒息止め記録を持つ自分であれば、そのくらいならお茶の子さいさいですわ。

お客様を不快にさせない為に気をつけたいですね。

【耳周りに泡が残っている】

シャンプーが終わり髪の毛を拭く時に、耳周りで、ジョワ、ジョワワと。泡の音がーー!!!

  

オーーーーーーー!!!!!
マイガーーーーーーーーー!!!!!

ガッデム!!!!

泡が残ってるとか最悪です!!  

もしくは家でお風呂に入った時に、耳裏、首回りがヌルヌルする。

これはいけません!

しっかり流しましょう。

その他にも、

リズムよく。 

強弱をつける。

爪をたてない。

キワまで洗う。 

ネープは少し強めに。

髪がつれないように。

などなど、細かい事を言い出したらキリがありません。

しかしこの細かい事を完璧にマスターするまでは、まだまだ練習あるのみです。

シャンプー合格まで、あとは重箱の隅をつつくだけ。

がんばれルーキー達!

  

 

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ