2017年 4月 1日

ある老人から不思議な力を授かったエイプリルフールみたいな不思議な話。

とても不思議な体験をしたので聞いてください。


信じられないかもしれませんが、僕が体験した嘘のような話です。

朝の出来事。


それは突然の事でした。


お店に入るやいなや、僕はぼけっとしてて誤って中島の足を踏んでしまったのです。


恐る恐る中島の顔を見上げると。

完っっ全に怒っている。


謝っても時すでに遅し。



瞬きすら許されぬ時の中で、確かに中島の拳が僕を目掛けて閃光のように舞い降りたのだ。

ゴッッ!!!


僕は膝から崩れ落ち、深い眠りについた。


今だからわかるのだが、それは長いようで短い時間であった。


しかし、夢の中で僕は知らない老人と確かに【会話】をしたのだ。


老人は僕にこういった。

「お前に翼を授けよう。」


怪しげな老人であった。


僕はその老人と別れ、目が覚めたのだった。


パッ。


不思議な夢であったが、このなんとも言えないスッキリとした気分はなんだろう。


そう言えば老人は「翼を授ける」といっていた。


あれは一体どういう意味だったんだろう。


翼・・・まさか飛べる?


いやいや、そんな事がある訳がない。


人間が飛べる訳ないではないか。


と、思いながらもずっとモヤモヤしていた。

僕は一度だけやってみよう。そう思ったのだ。


漫画にありがちなポーズではあったが、僕は精神を集中させた。

心を落ち着かせ“無“の境地に。




ん?体が・・・


う、浮いたーー⁉︎


えっ⁉︎


マジか!!


体が浮いた!!


なんだこれ⁉︎

体が綿のように軽い!!


と、飛んでる!!


俺、飛んでるぅー!!

慣れてくると割と自在に飛べるようになった。


つま先に精神を集中させるイメージだ。


透明のトランポリンに乗っている。そんな感じ。

少し練習したら50センチくらいは浮けるように。




結構体力の消費は激しい。


あまり長い時間浮くと100m走った感じで息切れするのだ。


進む速度は歩くより遅いものの、中々快適である。


空中で旋回するのは中々難しいことを初めて知った。

あの老人は一体誰だったのか。


僕はもう一度あの不思議な世界へ行き、老人にお礼を言いたい。


僕に翼を与えてくれた老人に。

そしてその後思わぬ出来事が。


うっかり僕はよろけて壁に頭をぶつけた。



そのショックでそまた深い眠りにつく。

目を覚ますと、僕に翼は無くなっていた。

翼の折れたエンジェルとなった僕は、またいつも通りの生活を営むことであろう。


いつかまたあの老人に会える日を夢見て。


楽しかったひと時。


人生できっと一度きりであろう貴重な体験ができた。


僕は確かに飛べた!


翼が生えたんだ!!


そう。まるでエイプリルフールみたいな話。


信じるか信じないかはあなた次第。


それではまた。

昨年の不思議な話。

空から降ってきた“あるノート“のせいで人生が狂ってしまったエイプリルフールみたいな話。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ