2017年 2月 28日

結局僕らは【人】であるという事。


先日の【集合知】。


研究者の中では割とポピュラーな単語らしいのですが、恥ずかしながら僕は初めて聞いた言葉でした。


要はいろんな人の考えを共有できればより良いサービスに繋がるであろうと。


確かにこれって組織では意外と難しい事で、言ったつもりになっていて伝わってないとか。


言ったけど改善しないからもういいや〜、とか。


今回もそうだけど、確かな結論を出すには時間がかかる。それだけ人と人の心を繋げるのは難しいって事ですね。

お声がけ頂いた石川さん。


つくばにいらっしゃった時にずっと担当させて頂いたお客様。


今では早稲田大学教員。かっけー。


不思議な縁があり、こうしてまた出会える事に。


本当に人生何が起こるかわかりません。



【美容師×研究者】っていう、絶対に接点のないところでの集合知。


改めて一般の方とのズレを感じた1日でした。


ディスカッション中も


「セミディって何?」
「アッシュって何?」


とか。


逆に研究語が僕らはわからなかったり。


しかしながらこういった、いってみりゃこうあう【謎】な研究ってすごい興味をそそります。


今日の集まりも国からお金がでて開催されたものらしく。


僕らの知らないところで【サービス】というとこに国が着眼してて、国を豊かにする働きが起きていた。


国のお金の7割がサービス業から生まれているという事。


そうした中で、今後も永久に不滅であろう【美容】という分野において、僕らは何ができるのであろう。


今回の話し合いで行き着いたのはやはり美容室というのは【人 対 人】であるという事。


美容を通じて僕ら美容師とお客様がしあわせでありますように。


原点回帰できた1日となりました。


このような機会を頂けて本当に光栄でした。


本日からの営業に生かしていく所存でございます。

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ