2017年 1月 25日

わしの最近の悩み。

どうも、わしです。


最近とても悩んでいます。


なにをかというとですね。

手荒れなんですが。

職業病です。
過去にも手荒れ記事をいくつかあげましたが。

ピンクくてちっちゃくて細長でツルツルしててベッタベタの相棒。

手荒れの話から求人の話へと繋がる話。


あ、でもですね。


今回は、手荒れがひどくて悩んでいるのではなくですね。


謎の【手荒れ自分ルール】によって自らを苦しめているのです。


順を追って説明します。

【自分ルール①】薬はお風呂出た後に塗るべし。



手荒れの薬を塗るタイミングはお風呂上がりがベストだという事。


お風呂上がりというのは手がふやけ、傷口に薬を塗むには最もコンディションのいい状態だからです。


この機を逃すと、またお湯で手をふやかさなくてはならなくなり、少し痛い思いをしなくてはなりません(※①-a)


僕は痛い事が嫌いなので、断じて避けたい事例です。

【自分ルール②】薬を塗ったらすぐ綿手袋。


手荒れの必需品綿手袋。


そして薬を塗ってすぐに手袋を装着しないとまたすぐ手が乾燥してしまうのです。


乾燥してしまうとまた(※①-a)となり【自分ルール①】のやり直しです。


そして、なにより次の【自分ルール③】 こそが僕を悩ます最大の原因・・・

【自分ルール③】綿手袋したらスマホをいじらない。


なぜか?


答えは簡単です。


スマホがベタベタになるからです。


嫌ですよね?すごく嫌ですよね?

しかし、実は前にこんな記事を。

けっこういると思うんですが。綿手袋をこうしている手荒れ美容師。


そう。


こんな風に先を切ればいいのです。



(先を切った綿手袋→以後【SKM】)


ただですね。


今の手荒れ状況からすると無理なんですよ。


なぜなら【指先がパックリいっているから】です。


どこよりも最優先して治したいのが指先。


しかも今最も荒れているのが右手の人差し指、中指という【スマホフィンガーツートップ】なのです。


つまり、この【SKM】だと、一番治したい部分を露出することとなり、これではまた(※①-a)状態に。


なので今は【SKM】は使えないという訳です。


これはつまり【スマホが使えない】という事を意味します。


綿手袋はiPhoneには反応しないので。


という事はですよ?

これまでご説明した【自分ルール①〜③】を全てクリアするという事は。

【お風呂に入る=寝る】という図式になる事がお分かり頂けるだろうか?



【お風呂上がりに薬を塗る】→【手袋をせずスマホをいじる】だと【スマホがベッタベタになる】嫌ですね。


では【お風呂上がりに薬を塗る】→【手袋をする】だと【スマホが使えない】嫌ですね。


では【お風呂上がりに薬を塗らない】→【乾燥して(※①-a)】これも痛いし嫌ですね。


詰んだ。完全に詰み。


つまり僕に残された選択肢はただ一つ。

風呂に入ったら寝る。


逆に言えば、もう寝ると決めるまでは風呂に行けないのです。


そんな生活をここ2週間くらい送っている廃人です・・・


ですので、僕はこのブログを更新したのちに風呂に行くという事です。


切実に思います。

指先、早く治ってくれ。


てか謎に長文に(笑)

どうでもいいお話にお付き合い頂きありがとうございました。


何かのお役に立てたら幸いです(立ちません)

Ads by Google

Contact Information

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ